HOME>イチオシ情報>医療事務のメリット【働き方を選ぶことが出来るのが魅力!】

医療事務に向いている資質とは

医療事務に向いている人は基本的に人と接することが好きであることです。医療事務は受付業務も兼ねており、患者さんの様子をみながら適切な対応が求められます。また、数字に強い人も向いていると言えるでしょう。保険点数を計算するときなど、計算業務も多いからです。

医療事務と医療秘書の違い

医療機関で働くが仕事内容が異なる

医療事務も医療秘書も職場が医療機関であるということは同じです。医療事務は受付やカルテの整理、レセプト業務がメインであるのに対して、医療秘書は医局のスケジュール管理などが主な仕事です。

必要とする資格やスキルの違い

どちらも仕事に就くのに専門的な資格を必要としません。しかし、医療事務は医療事務資格や診療報酬事務能力検定試験などを持っている人が多いです。一方で、医療秘書や医療秘書検定を受験する人が多いです。

医療事務のメリット【働き方を選ぶことが出来るのが魅力!】

女性

医療事務で働くメリット

医療事務として働くメリットのひとつが、職場を探しやすいことです。医療機関は病院から個人経営のクリニックまで多岐にわたります。地方でも仕事が探しやすいことから、自宅の近くで職場が見つかりやすいでしょう。働き方が選べるのもうれしい点です。パートやアルバイトとして働くこともできますし、正社員として採用されることも可能です。女性が長く働き続けられる環境が整っています。しかも、一般企業のように経営不振に陥る危険性が少ないため、安定しています。

医療事務資格講座の大まかな内容

受付

医療事務の基礎について学ぶ

医療事務とはどのような仕事なのかについて学ぶことができます。受付から会計、レセプト業務まで多岐にわたった仕事内容であることがわかるでしょう。

レセプト業務に関する知識

医療機関を受診した人の診療内容に応じて、点数を計算して医療費を正しく算定するのがレセプト業務です。医療事務の中でもメインとなってくるでしょう。

事務処理に関するスキルやパソコンスキル

近頃はレセプト業務やカルテがIT化されているところが多くみられるようになってきました。そのため、医療事務に必要な知識だけでなく、パソコンスキルも必要です。